サンクチュアリ構想の動物実験

私たちは、動物実験が含まれるサンクチュアリ構想に反対します

以下は動物実験の廃止を求める会(JAVA)のブログの転載です
http://java-hisaidoubutu.sblo.jp/article/45939129.html




2011年06月12日
高邑議員に動物実験の疑問をぶつけました
私たちは、家畜を保護するというサンクチュアリ構想が進むうちに、見え隠れしていた「研究」という言葉に「動物実験ではないか」という懸念を感じるようになりました。
しかし、「動物実験ではなくて」これはあくまでも「観察」であるとの説明を聞いてきました。

そんな中、5月26日に城島議員、高邑議員、玉木議員から研究者らとともに枝野官房長官に、要望書(その1)、要望書(その2・原発被災動物研究センター設立の要請)というものが提出されました。
その要望書を見て、いわゆる動物実験が含まれていることに愕然としました。
  ※玉木議員のブログに要望書の全文が掲載されています↓
  http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-10903480724.html

その疑問を明らかにするべく、6月7日に高邑議員を訪ねて質問させていただきました。
以下にそのやりとりを掲載します。

---------------------------------------------------------------------

Q. 要望書2にある「原発被災動物研究センター」は、サンクチュアリとは別物なのでしょうか?
A. 別とか別ではないとかではない。
  サンクチュアリのあり方はいろいろある。
  研究利用するところがあっても、ただ飼っているところがあってもいい。農家の意向通りにやればいい。
  ただ予算の確保できる方法は研究活用になる。そうでないとお金がでない。
  自分が出来ることは、研究用として予算をつけて運営するような方法。
  飼うだけのサンクチュアリがあってもいいと思うが、それはそう思う農家ややりたい人がやればいい。
  「原発被災動物研究センター」については、今はそんなに考える必要はない。
  いますぐそのような箱物を作るのは無理だろう。
  南相馬市は、放射能研究施設の誘致をしてその研究を世界に発信する計画を立てている。

Q. 私たちが懸念しているのは、動物実験への利用ですが?
A. 研究は学者がやること。血液をとったり、死骸解剖もあるでしょう。
  筋肉を調べたりもするだろうから、(実験は)ありえる。
  そういう場合は安楽殺をするし、福祉などには注意を払う。
  そのために、動物福祉をわかっている学者に入ってもらっているので配慮してくれるだろう。
  自分は(動物実験は)あまり想定していない。フィールド研究が多いと思う。
  
  ・そもそも家畜で肉にされるのに殺される動物であるのを忘れないでほしい。
  今回も、このままにしておけば死ぬ。それで研究利用することで生かそうと考えた。
  ・最初から言っているが、自分は動物のためにやっているのではない。農家のためにやっている。 
  農家の人がこれ以上心をズタボロにならないよう、希望を持たせてあげようと思って始めた。
  それにたまたま動物の福祉がくっついてきただけ。それで牧場を「希望の牧場」と呼んでいる。

Q. サンクチュアリ構想に参加する動物の所有者は、所有権を放棄するのですか?
A. そうなる。保証金は受け取るのだから。

Q. サンクチュアリ構想の告知は、農家にどのように行っていますか?
A. 安楽死処分の説明会や協力者によるチラシ配布など。
  まだまだ不十分で避難所など回りたいが手がまわらない。

Q. 農家には研究利用もありえることを伝えているのでしょうか?
A. 「研究」とは言っている。詳しくは言っていないが。

Q. 研究利用が嫌だと言う農家はいないのか?
A. そんな農家はいないでしょう。あの人たちは家畜を売ってお金を得ている人たちなのだから。

  ・実験反対とか言われたら、助かる命も助からない。
  ・大学が研究費3千万円を確保して、そのうち1千万円が餌代になる。
  ・一冬の餌代に1千万かかるのでそれも必要になるが、資金集めの音頭をとってくれる人が現れた。
  ・ある牧場の周りに「殺処分反対」とチラシを貼ったり、勝手に家畜を逃がした愛護団体がいる。
  逃がした20数頭の牛が水死した。農家の気持ちがまるでわかってないし、あれじゃ不法侵入。
  動物愛護の人たちは、動物のことしか考えないからいけない。
  ・反対や抗議の電話とかをする人がいるが、欲しいのは賛成・反対の声ではなくて当事者の声や情報。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

グリーンネットトップへ
プロフィール

グリーンすたっふ

Author:グリーンすたっふ
グリーンNetへようこそ!

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR