20km圏内のペット保護へ!

「20キロ圏内のペット保護へ=28日から調査-福島県」
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011042701076

 福島県は27日、福島第1原発の半径20キロ圏内の警戒区域で、
放置された犬などのペットを調査して保護に乗り出す方針を明らかにした。
大型連休中にも始まる避難住民の一時帰宅より前に、ペットが衰弱死する恐れがあると判断した。
28日朝から実施する。
 
県によると、20キロ圏内で自治体に登録されている犬は約5800頭いるが、
残っている餌の量や放し飼いにされているかどうかなど、現在の状態はほとんど把握できていない。
 
 ペットを置いて避難した住民からは、健康状態や生死を心配する声が多く上がっているほか、
飼い犬が野犬になれば、狂犬病などの発生や一時帰宅した住民を襲う危険があるため、
野生化が進む前に保護することにした。
 
 今回の調査では屋内に立ち入らず、庭先につながれ衰弱している犬などを保護する。
収容する施設名などを書いて残し、飼い主と再会しやすくするという。
保護したペットは被ばく状況調査(スクリーニング)や除染などをした上で、
問題がなければ県内の保健福祉事務所などで預かる。
今回はペットが対象で、牛などの家畜は対象外という。(2011/04/27-21:17)



28日からの調査に外部の獣医師、ボランティアの同行を許可から一転し、拒否するなど
事態が2転3転していましたので、実際にレスキューしていただけるまでは目が離せません。
それに、今回の救出に牛などの家畜が含まれていないのが不思議です。
法律上、同じ愛護動物ですし、緊急の度合いも同じのはず。

引き続き、牛など家畜のレスキューを要望してください


25日、植田弁護士のTHEペット法塾を代表世話人とし、
「意見書兼公開質問書」を緊急災害時動物救援本部に提出、
続いて「福島原発20キロ圏内の動物を救護する緊急措置を求める要望書」を提出されました。
http://www.the-petlaw.com/pdf/20110425_yobo.pdf

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

動物たちのことを記事にしてくださり
ありがとうございます。
そうなのです。実際にレスキューしてくれるまで
信用しません。TVでその件のニュースやってないですし。
私が見てないだけでしょうか?

Re: No title

めぐこさんへ

レスキューされたようですが、
まだまだ救助を求める声が必要と感じます
今、私たちが静かになったら
国はすぐに中止するでしょう
グリーンネットトップへ
プロフィール

グリーンすたっふ

Author:グリーンすたっふ
グリーンNetへようこそ!

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR