署名 その2

この度の申し入れに際し、
三重県知事または副知事及び、県土整備部住宅室と、
今回の要望先ではありませんが動物愛護所管の健康福祉部薬務食品室に
政策部企画室を通して同席をお願いしましたが、

三重県からは県土整備部住宅室 室長はじめ3人と
北勢地区と伊賀南部の指定管理者
の計5人に対応していただきました。

[県土整備部住宅室の見解]
入居の申し込み時から折に触れてペット飼育に対して注意を呼びかけてきた。
多数の苦情があり、より快適な住環境を示していくためにはやはり、
ペット禁止を改めて申し上げていく。
飼育しているとの情報があったお宅には戸別訪問させていただき、
ペット飼育を止めていただくよう強く求めていく。
ペットの処分はあくまで入居ご自身のご理解による。里親探しはむしろ必要と考える。
騒音、動物アレルギー、入居条件が違うのではないかという
ペット飼われてない方からの主張をどう考えるかが重要なポイントである。

また、県営住宅は建物自体がペット仕様になっておらず、
「配管に猫の毛が詰まる」「建具で爪とぎをする」「ペット臭が残る」
などの建物被害が税金で賄われていることをあげていました。
会としては、これらは個人の飼い方の問題であり、飼い方指導により防げるもの。
また、建物へ損害を与えれば、飼い主が弁償すべきものと考えます。

当方の申し入れにつきましては、こちらをご覧ください
http://blog-imgs-47.fc2.com/m/a/p/mappu5/20101012001449469.xml

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

現時動物を飼っている人の意識は良い方に変わっているのでしょうか?
猫を外に出している人は中に。犬はリードに必ずつなぎ、糞の始末を
する。猫の毛を配管にすてないなど・・・・
今飼ってる人の意識がかわらないと周りが応援しても難しいですよね。
これを機にきちんとしつけやマナーを守ってほしいですね。
相手側厳しそうですが、なんとか先生方といっしょに頑張ってください。
署名の効果が少しでもあるといいのですが・・

Re: No title

私たちの会にご連絡くださった飼い主様は、
ペットとの共生の意識が強く、
適正飼育に努めていただいていると
感じています。
5,200人もの署名を県はどう捉えていくのか。
今後の県の動きに注目ですね。
グリーンネットトップへ
プロフィール

グリーンすたっふ

Author:グリーンすたっふ
グリーンNetへようこそ!

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR