公文書開示請求しました

三重県小動物管理公社(以下、公社)で殺処分の現状を目の当たりにし、
いろんな疑問がでてきました。

公社では各地区の保健所が殺処分対象と判断した犬を
譲渡対象にすることありません。
逆に、1週間ほど様子を見て、
譲渡から殺処分に落とすことはするそうです


公社には成犬譲渡用の犬舎がたたの4つでしたが、
成犬とは呼べないほどの子犬が1匹居ただけ。
その日、譲渡対象になった小型犬が入り、2匹になりましたが・・・
昨年の成犬譲渡開始から今までにどんな子が譲渡対象になったのでしょうか。

次の文書について公文書開示請求をしました。
 県内全ての保健所対象に、譲渡対象となった犬についての文書

 3月24日、公社で殺処分された犬猫についての引き取り依頼書及び、回収依頼書等文書

 保健所による成犬譲渡の要件を記した文書 

 公社建替えの予算要求に関する文書

公社は昭和52年に建てられたもので、譲渡にあたっての
避妊去勢手術や治療を施す設備がありません。
犬舎も4つしかありません。
猫の譲渡・飼育室も必要です(現在、猫の譲渡は一切していません)
公社建物の建替えにあたり、これらの施設は譲渡拡大の上で必須と思われます。
県の薬務食品室が予算要求をしているそうなので、
施設の内容を薬務食品室と公社に尋ねましたが
教えていただけなかった為、開示請求しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

グリーンネットトップへ
プロフィール

グリーンすたっふ

Author:グリーンすたっふ
グリーンNetへようこそ!

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR